転職する看護師の実情

看護師が転職するタイミングとしてはキャリアアップ、妊娠、出産、介護など人生の転機が多いのが特徴です。待遇がよくない、夜勤のシフトが辛いといったハードワークゆえの理由も見られますが、シフト勤務は1か月前程度からきっちりと組み込まれることになりますし、毎日の業務も気を抜くことができませんから、いきなり退職するわけにはいかないといった事情があります。そのため期間に余裕をもって仕事を探す人が多く、待遇も希望に合うものが見つかるまで就職を保留してもしかたがないという傾向がみられます。 看護師の転職が多いということは病院にとっても人手不足の原因になりますし、採用活動に時間とコストがかかることになります。患者さんにとっても看護師が頻繁に変わるようでは印象が悪いですし、担当が変わるたびに説明をしなければならなかったりしますので安心して治療を受けることが難しくなります。 現在では看護師の希望と病院のニーズが見合うように勤務条件や待遇は細かく規定してあります。休みがとりやすいようにシフトも工夫していますし。電子カルテを導入して事務効率を向上させたり、看護師の認定研修制度に参加できスキルをアップできるようにするなど病院側の努力も求人情報に詳細に記載されています。 緩和ケアや高度医療、生活習慣など特定の分野を強化することで特色を打ち出していますので転職先を選びやすくなっています。

Copyright© 2010 看護師の転職パーク All Rights Reserved.