看護師の転職とは?

看護師資格を所有しているにもかかわらず、その資格を使っていないものは多いです。女性看護師がほとんどであるため育児に関わる期間の仕事を休止するためです。育児期間を終えて新たに働く場合は、ナースバンクに登録して紹介してもらう場合と、育児休暇を取得し前病院に戻る場合、さらには自分で探すという3つの方法に分かれます。 医療の世界は日進月歩であるため、一度休止してしまうと忘れかけた知識や技能を取り戻すのは大変であり、そのため自分に適した病院やクリニックを探し求めて転職することになります。 また異なる理由で転職をする場合があります。 それは女性ならではの人間関係です。どの社会でも同じかもしれませんが、とりわけ看護師職域は目立ちます。現在の医療はチーム医療であるため、自分の意見がチーフの考えに合わない場合は意見具申が難しく、そのまま我慢することが多くなります。配置換えがあればよいのですが、それもままならないときは、自分の能力を信じて転職するという形になります。 いずれにせよ国家資格を有しているというのは大きな利点であり、さらに自分のスキルをアップし認定看護師資格等を取得すれば、さらに条件のよい転職先が見つかるでしょう。

Copyright© 2010 看護師の転職パーク All Rights Reserved.